読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はこうして破滅する~特典旅行がやめられない~

主にユナイテッド航空(UA)マイレージプラスを主に使って、特典航空券でお得な旅行を楽しんでいます。 JGCとSFCはなんとか取ることができました。 日系FFPはあまり詳しくありませんが、たまに発券しています。 発券コスパ系の旅行者で、バックパックと高級旅行を組み合わせるスタイルを楽しみます。 FirstClassからヒッチ、5★ホテルから野宿、キャビアから半額弁当まで、バラエティに富んで発信していきます。 各種お問い合わせは meltdown.int@gmail.com までお願いします。

那覇の素晴らしい安宿「キャビンハイビス」 1500円でご飯付き!?半個室タイプでプライバシーもOK!

宿 ゲストハウス等 ご飯 旅のお役立ち情報
広告

那覇オススメの安宿

f:id:meltdown_int:20160616182159j:plain

那覇にはたくさんの安宿がありますが、この中から快適な安宿を探すのはかなり難しいです。
海外では日本人宿にはいかない私ですが、那覇の安宿=海外の日本人宿に近いものがあるので、かなり慎重に選びます。
変な宿に入ってしまうと、宿主(長期滞在者)に気を使いますし、ささいなことでトラブルになったりします。
結論から先に言うと、この「キャビンハイビス」さんは、快適なステイが約束されている宿でした。

今回はBooking.com から予約しました。

 お値段や評価は?

f:id:meltdown_int:20160616182836p:plain

Booking.com での評価は9.2。66件の評価でこれはかなりすごいことです。

f:id:meltdown_int:20160616183615p:plain

価格は男性ドミトリーは1500円から

f:id:meltdown_int:20160616183720p:plain

女性ドミトリーは1000円から。

あくまでも「から」なのは、直前に大きく値段が下がったり、シーズンでは相場変動制を取っているからだそうです。
ここに「夕食込」とありますが、これは宿泊1日につき宿併設のステーキレストランでカレーライスとスープが無料で食べられます。

f:id:meltdown_int:20160616193445j:plain

一階にあるステーキレストランがっつりステーキさん

f:id:meltdown_int:20160616193557j:plain

の一角でチェックインもやっています。

f:id:meltdown_int:20160616193717j:plain

ステーキレストランの一部が、コモンスペースにもなっています。

レストランとゲストハウスのお客さんが一緒のスペースにいます。
そんな緩さがオキナワ。

いや、川崎でも似たようなゲストハウスは見かけましたね。

f:id:meltdown_int:20160616185942j:plain

そしてこれがフリーカレー。お得ですね。

f:id:meltdown_int:20160616184255p:plain

 Agodaでも予約できます。こちらほ販売チャンネルは最近始めたばかりらしいので、在庫の数にばらつきがあります。

客室について 

男女別室の、ドミトリー形式です。
男性サイドしか見ていませんが、おおよそ11-12床程度あり、半分普通タイプ、半分半個室タイプです。

f:id:meltdown_int:20160616190302j:plain

↑こちらは普通タイプ。1500円からです。

雰囲気は横向きのカプセルホテルです。

写真は雨降りの日の朝方撮ったので暗いのですが、夕方は明かりがついていますので、明るいです。

f:id:meltdown_int:20160616190427j:plain

↑こちらが半個室タイプ。2000円~です。

普通タイプが、収納が自分のカプセル内なのに対して、こちらは占有のスペースが若干あるので、荷物は通路上の外におけます。また鍵のかかるロッカーは、ベッドの近くに設置されます。

f:id:meltdown_int:20160616190949j:plain

木製のドアがついているので、密閉できます。若干酸素が薄くなってくるので、完全に密閉はきついです。

しかし木製ドアがよく消防の検査が通ったなあと思います。

客室内には煙探知機が各々ついています。

f:id:meltdown_int:20160616191132j:plain

また小さい小窓があるので、ここから外気を取り入れることもできます。

これは下段ですが、上段は占有スペースが階段状になっています。

この形状を見て真っ先にJR寝台特急サンライズのB寝台個室ソロを思い出しました。
なんていうことを書いたら乗りたくなってきました。

f:id:meltdown_int:20160616191939j:plain

カプセル内の設備はA型コンセントx2、ライトのみです。

ソフト面では、ちゃんとした敷布団+普通の厚さのマットレス、掛布団、枕の組み合わせ。これはこの価格クラスの宿では豪華な設備です。
よくありがちな薄いマットに、シーツ1枚というタイプではなく、寝ることに対しての意識がかなり高いです。

シーツも清潔でちゃんと乾燥したものです。沖縄という土地柄パリッと乾燥させるのは難しいですが、ちゃんと業者仕様の乾いたシーツを使っています。

 

那覇にはそれこそ安宿がたくさんありますが、どこもいい加減な管理状況であることが多く、清潔、快適、格安を満たしているところは少ないです。

宿としてどうかと思うようなところもたくさんあります。
例えば、ゆんたくと称して朝まで大騒ぎしたり(一番多い問題)、長期滞在者が宿のルールになってしまったり、そもそもオーナーの資質に問題があったり。
それをキャラクターだ、ウチの良さだと開き直ることさえあるので、多くのお客さんは「次回はないな」と他のところに行ってしまいます。

ここの宿はそんな宿を一掃するために立ち上がったのだとか。
スタッフの人は明るく、モチベーションも高いのでまた来たいと思わせるような宿でした。

 

もし、今後手を加えていくなら、客室内の空気の換気ファンや、タオルの貸し出し、トイレの増設があるといいと思いました。

駅からの行き方

宿の場所はこの辺です。那覇市牧志3-6-40

最寄駅は、ゆいレール牧志駅です。空港からは片道300円です。

HyattRegencyの真裏にあります。
タクシーで行く場合は、ハイアットをしてすると通りがいいです。

f:id:meltdown_int:20160616185231p:plain

最寄りの牧志駅からは、歩いて10分ほど。
国際通りを東に進み、公設市場の手前のアーケード街を抜けてすぐです。

f:id:meltdown_int:20160616185805j:plain

牧志駅を下りて

f:id:meltdown_int:20160616193317j:plain

ハイアットを目指して歩きます。

宿の屋上からは、、、

f:id:meltdown_int:20160616194011j:plain

ハイアットのクラブラウンジが丸見え!

たまに声をかけられるそうですw

 

港からの行き方

f:id:meltdown_int:20160616185534p:plain

一方、泊港は若干遠く、歩くと25-30分かかります。実際歩いてみましたが、ちょっときついです。
公共交通手段はないので、タクシー利用になります。

おそらく国際通りのドン・キホーテぐらいから乗れば、初乗りで泊港まで行くので、荷物があったり、天気がすぐれない場合はタクシー利用もいいかもしれません。

f:id:meltdown_int:20160616193415j:plain

平和通り商店街を抜けていけば、雨の日もぬれずに到着することができます。

f:id:meltdown_int:20160616194234j:plain

この商店街、公設市場と違いちょっとキャラが濃いです。

f:id:meltdown_int:20160616194330j:plain

アジアのような洋服屋さん?があったり

f:id:meltdown_int:20160616194355j:plain

途中分岐もありますが、カオスの方を選ぶと、、、

f:id:meltdown_int:20160616194458j:plain素敵な憩いの場があったり

f:id:meltdown_int:20160616194535j:plain

金玉に出くわしたりします。金玉判断?でしょうか?

占い?なんか怖いですね。

f:id:meltdown_int:20160616194714j:plain

那覇のお勧めゲストハウス情報でした!