読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はこうして破滅する~特典旅行がやめられない~

主にユナイテッド航空(UA)マイレージプラスを主に使って、特典航空券でお得な旅行を楽しんでいます。 JGCとSFCはなんとか取ることができました。 日系FFPはあまり詳しくありませんが、たまに発券しています。 発券コスパ系の旅行者で、バックパックと高級旅行を組み合わせるスタイルを楽しみます。 FirstClassからヒッチ、5★ホテルから野宿、キャビアから半額弁当まで、バラエティに富んで発信していきます。 各種お問い合わせは meltdown.int@gmail.com までお願いします。

乗り継ぎのドーハホテルは Marriott Doha Marquis City Center クラブルーム宿泊! カタール航空で向かいます。

Marriott 観光 ラウンジ Oneworld 宿 搭乗記録 ご飯
広告

イランへ向かいます!

イスタンブール観光を楽しんだ後は、

イランのテヘランへ向かいます。

f:id:meltdown_int:20160604232230j:plain

イスタンブールからのテヘラン行きは、当初トランスアジアエクスプレスを予定していたのですが、調べるとアンカラ始発になっており、かつVAN湖の車両船積はなくなったらしく、さらにイラン側の車両が極端に遅れると、波止場で凍える羽目になるという情報をゲットしたため、飛行機にしました。

 

 

イランビザは当初汽車の予定だったので、事前に代理店で取得しようと思っていたのですが、計画変更で飛行機になったのでビザ オン アライバルVOAで行くことにしました。
 

イスタンブール第二の空港へ!

まずはイスタンブール サビハギョクケン空港に向かいます。
f:id:meltdown_int:20151107221634j:image
このサビハギョクケンは、イスタンブールのアジア側にある空港です。
イスタンブール第二の休校として注目されています。
有名なイスタンブール アタトゥルク空港ではありません。
全く近くもありません。

f:id:meltdown_int:20160604233733p:plain実際これぐらい離れています。50KMぐらい。


イスタンブール中心部から向かう方法は?

トラム+船+バスを使います。
 

まずはトラム

f:id:meltdown_int:20160604234909p:plain

↑徒歩になっているうえ、ルートもおかしいですが、、、
 
イスタンブール中心部を走るトラムに乗り、エノミニュ駅(ガラタ橋の一個手前)で下車します。
エノミニュ駅では通じが悪い場合、鉄道駅のシルケジ駅に行きたいといえばわかってくれます。

 

つづいて船

f:id:meltdown_int:20160604234503p:plain

 

対岸のカドキョイを目指します。

googleマップではきちんと出てきませんでしたが、ダイレクトに行く船があります。
港から船に乗って対岸のカドキョイを目指します。
f:id:meltdown_int:20151107221750j:image対岸につきました。写真は港の隣にある、アジア側の駅です。
ああ、ここから汽車で行きたかった。
 
ちなみにイスタンブールカードですが、船乗った対岸では払い戻しできませんでした。
船自体はイスタンブールカードは使用できますが、もしカードで乗ってしまった場合払い戻しはできません。
さらに払い戻しですが、手数料が定められているのですが、人によってはそれ以上に手数料要求します。なかなか気持ちよく利用するのは難しいです。
 

最後はバス

f:id:meltdown_int:20160604235658p:plain船乗り場の前がバス乗り場になっており、サビハギョクケン空港行のバスも出ています。
たしか8リラぐらいだったと思います。ある程度席が埋まらないと発車しません。
バスだけでおおむね1時間半程度かかるので、イスタンブール旧市街からだと、2時間半はかかります。
一応、航空機への搭乗ルールとして、空港には2-3時間前にはいかねばならないので、出発時刻の4-6時間前には出る必要がありそうです。

 

空港到着

f:id:meltdown_int:20151107222027j:image

サビハギョクケン空港のターミナルに入るには、まず、手荷物検査が実施されます。

その後各航空会社でチェックインをしてください。

 

今回のカタール航空は、チェックイン時にはかなりいろいろ調べられました。
まず片道航空券だったので、帰りの航空券の確認(これは適当に作りました)。
さらに、イランとカタールのビザ要件。
イランで入国拒否をされたときに、カタール航空では手助けできないという念書。
これぐらいは求められても仕方ありませんね。

ビザを求められる国へビザオンアライバル(VOA)で向かいうので、当然の処置です。

 

搭乗券をもらった後は、ラウンジへ。

中身は大した事ないので写真はすっ飛ばします。

そうそうカタール入国にはX線検査による酒チェックが伴いますので、酒は持っていけません。没収されます。
 

上空の様子

f:id:meltdown_int:20151107222203j:image
鉄道で行くことができなかったので、その分上空からの景色を楽しみます。
f:id:meltdown_int:20151107222225j:image
美しい景色です。
この便はガラガラに空いており、なんと乗客は15名でした。
 

カタール到着

カタールで1泊するスケジュールでしたので、入国することにしました。
ちなみにカタールはビザが必要です。
かなり高く、100QTR(約4000円)します。
 
カタール航空利用で、有償ビジネスクラス以上の乗客は、トランジットの時間が8時間を超えると、無料でホテルがあてがわれます。
また有償エコノミークラス利用でも、その路線において最短での乗り継ぎ時間が8時間以上の場合、ホテルがあてがわれます。
 
今回は、最短の乗り継ぎ通しではないので、自分でホテルを手配しました。
このカタール。ホテル代は結構高く、安宿でも5-6000円はします。
なので今回は、Marriott Rewardsの無料宿泊で泊まることにしました。
 
さて空港からホテルまでタクシーで向かいます。
メーターを回してもらいましたが、運賃は80QARぐらいでした。
なかなか高いです。産油国でも安くないですね。

Marriott Doha Marquis City Center

f:id:meltdown_int:20160605003750p:plain

今日のお宿はMarriott Doha Marquis Center 
一泊3-4万円します。ポイントだと15000ポイントですので、お得ですね。
f:id:meltdown_int:20151107222300j:image
角部屋のダブルルーム、クラブアクセスが付きました。マリオットゴールドでアップされたと思います。
f:id:meltdown_int:20151107222603j:image
集中するには良さそうなデスク
f:id:meltdown_int:20151107222640j:image
夜景も素晴らしい。
f:id:meltdown_int:20151107222705j:image
かなり広いです。
f:id:meltdown_int:20151107222742j:image
バスルーム
f:id:meltdown_int:20151107222800j:image
おおジャグジー!これはうれしいです。
f:id:meltdown_int:20151107222837j:image
プール 夜でも快適に入れます。
 

市内観光

f:id:meltdown_int:20151107223039j:image
夜ですがちょっと観光にでます。気温は38度。夜でもあつい。
人通りは多くなかったですが、危ないという感じは全く感じられませんでした。
公園に行くと、労働者たちが昼間の疲れをいやしていました。
 

翌朝

f:id:meltdown_int:20151107223135j:image

クラブラウンジで朝食をいただきます。

f:id:meltdown_int:20151107223210j:image
ミールはそこそこ多め。
f:id:meltdown_int:20151107223252j:image
お味は美味しいです。
今回は残念ながら到着時刻が遅くて楽しめませんでしたが、夜にはカクテルタイムにお酒もでます。
 

眺めもよい

f:id:meltdown_int:20151107223314j:image
アラビアンな景色です
f:id:meltdown_int:20151107223331j:image
砂漠に海にでかいビル。
f:id:meltdown_int:20151107223350j:image
f:id:meltdown_int:20151107223409j:image
f:id:meltdown_int:20151107223446j:image
眺めが最高ですね!

 

昼間も外に出てみます。

f:id:meltdown_int:20151107223631j:image
死ぬ覚悟で外を歩きます。外の気温は50度近いです。
f:id:meltdown_int:20151107223706j:image
高いビル。
f:id:meltdown_int:20151107223727j:image
この灼熱の空気の中、どうやって立てたのだろうと不思議です。
f:id:meltdown_int:20151107223743j:image
こうしているだけでも、灼熱の風が吹いて、アチチな感じです。
ドライヤーの風に当たっているようです。
f:id:meltdown_int:20151107223817j:imagef:id:meltdown_int:20151107223854j:imagef:id:meltdown_int:20151107223938j:image
 あまりの暑さで、モールに逃げてきました。
f:id:meltdown_int:20151107224025j:image
ちょっとスーパーも見てみます。
f:id:meltdown_int:20151107224107j:image
ソフトドリンク、、、高いのか安いのか?
よく産油国では、ガソリンは水より安いとか言われますが。
 

戻ってきてジャグジー

f:id:meltdown_int:20151107224138j:image
部屋帰って泡風呂を楽しみます。
f:id:meltdown_int:20151107224217j:image
アフタヌーンティまでいただいてからチェックアウト
 

空港に到着

f:id:meltdown_int:20151107224308j:image
あくまでも乗り継ぎ扱いなので、手元の搭乗券を使ってサササと出国。
f:id:meltdown_int:20151107224339j:image
エコ+サファイアなんでここです。
f:id:meltdown_int:20151107224402j:image
入場します。
f:id:meltdown_int:20151107224513j:image
綺麗な噴水ですね
f:id:meltdown_int:20151107224534j:image
まったりするスペース
f:id:meltdown_int:20151107224422j:image
ご飯にありつけそうです。
f:id:meltdown_int:20151107224447j:image
他のラウンジが良すぎるので、酷評されるラウンジの一つですが、食事の内容などは割と充実していると思います。
f:id:meltdown_int:20151107224614j:image
f:id:meltdown_int:20151107224637j:image
食べます。お味の方は、、、ちょっと微妙でした。
f:id:meltdown_int:20151107224702j:image
シャワールームのアメニティ
なんとロクシタン。すごいな。
 

イランへ旅立ちます

f:id:meltdown_int:20151107225028j:image
機内の様子。通路に荷物置いたり
f:id:meltdown_int:20151107225207j:image
足がはみ出して来たり。あまり気分のいいフライトではありませんでした。
 

テヘラン到着!

f:id:meltdown_int:20151107225249j:image
テヘラン到着 ビザもらうまで2時間半、、、ビザオンアライバルで節約したらこの有様です。
空港で少額両替、実は市内の一番良いレートと一緒でした。
ここの両替屋も非常に混雑しており、なかなか両替までたどりつけなかった。
f:id:meltdown_int:20151107225406j:image
タクシー乗ってフィロウゼホテルへ向かいます。
あまり苦労せずに適正価格になったような。
昔はバックパッカーだった時に泊まったのは、マシュハドゲストハウスだった。