読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はこうして破滅する~特典旅行がやめられない~

主にユナイテッド航空(UA)マイレージプラスを主に使って、特典航空券でお得な旅行を楽しんでいます。 JGCとSFCはなんとか取ることができました。 日系FFPはあまり詳しくありませんが、たまに発券しています。 発券コスパ系の旅行者で、バックパックと高級旅行を組み合わせるスタイルを楽しみます。 FirstClassからヒッチ、5★ホテルから野宿、キャビアから半額弁当まで、バラエティに富んで発信していきます。 各種お問い合わせは meltdown.int@gmail.com までお願いします。

夜のグランドセントラル駅まで行ってみる

観光 鉄道ネタ
広告

エンパイアを後に

f:id:meltdown_int:20160918214842j:plain

クライスラービルを目指します。

ここまでくれば駅はすぐそこです。

エンパイアステートビルから歩いてもわずか15分程度で着きます。

f:id:meltdown_int:20160918214844j:plain

ニューヨークらしい通り道です。

横断歩道を渡るたびにこういう景色が見えます。

もちろんロウアーマンハッタンは高いビルがなく、住宅街も多いのでまた違った景色が見えてきます。

ニューヨークのマンハッタンは碁盤の目のようになっており、AVの間を徒歩5分、STの間を徒歩1分として計算します。

 

 

グランドセントラル駅

f:id:meltdown_int:20160918214850j:plain

日本で言えば東京駅や新宿駅というような格のある駅ですが、建物は大きくありません。

というのも線路は地下にあり、端頭式のホームがずらっと並ぶ構造になっているためです。

同じような構造では上野駅の地下ホームが想像できますが、構造は島式ホームで1島2線で区切られており、ホーム上は寂しい感じです。

f:id:meltdown_int:20160918214854j:plain

ここを発着する列車は近郊区間の中距離列車が主で、MTA(ニューヨークの地下鉄運営会社)の子会社メトロノース鉄道が主に使用しています。

ハドソン線、ハーレム線、ニューヘイブン線の3路線が運行されています。

f:id:meltdown_int:20160918214856j:plain

駅に入る入り口はまるでデパートのようです。

f:id:meltdown_int:20160918214900j:plain

外には公衆電話のボックスも

f:id:meltdown_int:20160918214902j:plain

時代はすすんでもこういった歴史ある町並みはあまり変わらないように思います。

f:id:meltdown_int:20160918214907j:plain

中に入るとシャンデリアが目に飛び込みます。

日本の駅でもここまで設備がしっかりしているところは滅多にありません。

気合が入っているというか、セレブリティな空間です。

f:id:meltdown_int:20160918214914j:plain

遅い時間だけれど、オイスターバーに行ってみると、、、

見事に閉店していました。
値段見てみると、おいそれとは入れなさそうな価格でしたので、開いてなくてよかったかも。

 

プラットホーム見物

f:id:meltdown_int:20160918214922j:plain

こういうところも格式のある表示です。
通勤電車が到着するホームには思えません。

f:id:meltdown_int:20160918214925j:plain

終電も近い時間なので、待合室はテープでロックされています。
長い時間座っていたらお尻が2つに割れそうな椅子です。

f:id:meltdown_int:20160918214936j:plain

切符売り場もクラシカルで雰囲気のある場所です。
あまり効率的には見えませんので、乗るたびに並ぶのは気が引けます。

f:id:meltdown_int:20160918214939j:plain

そしてまた天井が高いんです。

f:id:meltdown_int:20160918214947j:plain

そのうえ広い。
上野駅の地下ホームに面した改札もそこそこ広さがありますが、そこよりも広いです。

f:id:meltdown_int:20160918214950j:plain

終電も近いので人がまばらですね。

f:id:meltdown_int:20160918214958j:plain

もう結構遅い時間です。

f:id:meltdown_int:20160918215006j:plain

f:id:meltdown_int:20160918215008j:plain

どんな電車がいるのか?

f:id:meltdown_int:20160918215009j:plain

こちらは日本の川崎重工製造のM8型電車です。

日本が作ったとは思えないほど、顔が不細工です。
その国に合わせているのでしょうが、、、

f:id:meltdown_int:20160918215011j:plain

変わったところといえば、側面にこのような車体信号が埋め込まれていて、これでステータスが確認できるようになっています。

f:id:meltdown_int:20160918215018j:plain

ハンドル関係はワンハンドルで簡素なもの。
そもそも運転席が半室なので、あまり広くありません。

f:id:meltdown_int:20160918215020j:plain

ホームのエンド。
天井はむき出しでなかなか廃墟感が漂います。

f:id:meltdown_int:20160918215022j:plain

昔はBarカーという、車内で酒を提供するクラブ車両が併結されていました。
もう今はないようです。

f:id:meltdown_int:20160918215024j:plain

行先表示版もなかなかおしゃれな構造

f:id:meltdown_int:20160918215028j:plain

f:id:meltdown_int:20160918215030j:plain

f:id:meltdown_int:20160918215032j:plain

以上グランドセントラル駅でした。

f:id:meltdown_int:20160918215034j:plain

地下鉄に乗って、、、

f:id:meltdown_int:20160918215035j:plain

帰ります。