読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はこうして破滅する~特典旅行がやめられない~

主にユナイテッド航空(UA)マイレージプラスを主に使って、特典航空券でお得な旅行を楽しんでいます。 JGCとSFCはなんとか取ることができました。 日系FFPはあまり詳しくありませんが、たまに発券しています。 発券コスパ系の旅行者で、バックパックと高級旅行を組み合わせるスタイルを楽しみます。 FirstClassからヒッチ、5★ホテルから野宿、キャビアから半額弁当まで、バラエティに富んで発信していきます。 各種お問い合わせは meltdown.int@gmail.com までお願いします。

アメリカン航空 AA2370便 キングストンKIN-マイアミMIA ビジネスクラス搭乗記 A320-200

Business Class 搭乗記録 Oneworld 特典航空券
広告

 カリブ海旅行も終わり、、、

f:id:meltdown_int:20160920172540j:plain

ジャマイカ、セントマーチン島、キューバのカリブ島めぐり旅行も終わりの時がやってきました。
これから米本土に帰ります。
朝早い飛行機(7時台)だったので、4時ごろに宿を出てバスを乗り継いでいくつもりでした。

しかし体がつらかったのと、ほかに泊まっている人が朝のフライトに乗るという事を聞きつけタクシーシェアしました。
タクシーは1台40ドルという事でしたが、4人乗って空港に向かい現地での請求金額は60ドル。
けーッ!細かいところでボッテきます。
どうやらもともと50ドル/3人(16.6ドル/人)で契約していたようで、一人増えたのだから60ドルという事らしいです。
どこまでも商魂たくましいなあ。と思いながら二度とくる国でもないので気持ちよく支払ってバイバイしました。
ほかの人たちはキューバにやアメリカ本土にらしく、キューバにいく二人組に

「どうやったら市内まで安く行けるかしら?」という事を聞かれたので、バスの乗り方を教えつつ、あまったペソを引き取ってもらいました。

f:id:meltdown_int:20160920172539j:plain

チェックインはスムーズです。ビジネスクラス利用という事もありますが、もともとジャマイカ線はめったに混まないようです。
イミグレーションも早朝のためスムーズに進みました。
ラウンジはPriolityPassでも入れるところでした。
シャワーを浴びて、うとうとしていると搭乗開始。

 

座席

f:id:meltdown_int:20160920172537j:plain

残念ながら近距離用ビジネスクラスの面白くもなんともない座席。

2時間ほどなので、どうでもいいっちゃいいですね。
3/8ほどの搭乗率で隣は来ず。

f:id:meltdown_int:20160918213304j:plain

プッシュバック開始してからすれ違うケイマンエアウェイズ機。
ケイマン諸島も一度行きたいなあ。
ハバナで一緒にジャズクラブに行った子とニューヨークで再開するのですが、その子はケイマンエアラインズでJFKを往復するそう。
ケイマン諸島で半日トランジットがあるとか言っていたけれど、それぐらいで楽しめそうな感じのサイズの国。

f:id:meltdown_int:20160918213307j:plain

タクシーに同情していた同じ宿の人が乗っているであろう、ジェットブルー機。

 

フライト

f:id:meltdown_int:20160918213309j:plain

離陸します。

f:id:meltdown_int:20160918213311j:plain

キングストンの海を眼下に

f:id:meltdown_int:20160918213314j:plain

ダウンタウンを超えて

f:id:meltdown_int:20160918213317j:plain

カリブ海を後にします。

f:id:meltdown_int:20160918213319j:plain

少し離れると、もう田園風景が。
ブルーマウンテンとかも見えていたかもしれません。

f:id:meltdown_int:20160918213321j:plain

キューバの上空を超えていきます。

f:id:meltdown_int:20160918213323j:plain

フライト中のサービスは簡単なスナックが出るだけだったような記憶です。
国際線ビジネスクラスといっても、大した距離を飛ばないので、チップスとアルコールを含む飲み物が出て終わりという印象です。

それも決して悪くないのですが、それが日常となるとちょっとげんなりしますね。

 

到着

f:id:meltdown_int:20160918213325j:plain

アメリカン航空のクラシック塗装機が駐機していました。

f:id:meltdown_int:20160918213326j:plain

B737-800で、もともとアメリカンの機材と思われます。

f:id:meltdown_int:20160918213328j:plain

こんなかっこいい機材がマホビーチにやってきたら、さぞ撮り甲斐があるだろうと思います。

f:id:meltdown_int:20160918213330j:plain

ささっと降りて、ESTAレーンに突入します。
自動で入国審査をするKIOSKで手続きを済ませて、無事通過するとあとは税関の質問だけです。
まずいものはもっていないので、さくっと通過できました。
いったん荷物を引き取った後は、再度チェックインしなおしのため、出発フロアに向かいます。