読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はこうして破滅する~特典旅行がやめられない~

主にユナイテッド航空(UA)マイレージプラスを主に使って、特典航空券でお得な旅行を楽しんでいます。 JGCとSFCはなんとか取ることができました。 日系FFPはあまり詳しくありませんが、たまに発券しています。 発券コスパ系の旅行者で、バックパックと高級旅行を組み合わせるスタイルを楽しみます。 FirstClassからヒッチ、5★ホテルから野宿、キャビアから半額弁当まで、バラエティに富んで発信していきます。 各種お問い合わせは meltdown.int@gmail.com までお願いします。

キューバ ハバナの中華街を歩いてみる。

観光
広告
  • 今日の予定は、、、?

f:id:meltdown_int:20160913004945j:plain

毎晩遅くまで出歩いているので、足が棒のようになっています。
そろそろ移動にタクシー使いたいなと思っているのですが、なかなか利用の機会がありません。
なぜなら、、、乗り方わからないし、相場もわからないw
現地の人の乗り合いタクシーで十分なんですが、どうやらルート化されているよう。
なかなか難しいです。
今日の予定は、トリニダーに行くためのビアスール(バス)のチケットを購入する。
ホアキナさん宿の空き状況を聞きに行く。

という予定です。

 朝早く起きたので

f:id:meltdown_int:20160913004947j:plain

どうも今いるカサでの寝つきが悪く、朝早くに目が覚めてしまいます。

なので、朝の散歩がてらホアキナさんの宿に空室状況を聞きに行きました。
安宿の空室を抑えるにはなるべく昼間ぐらいがいいのですが、、、

f:id:meltdown_int:20160913004950j:plain

これまたボロイタクシー。

一応メルセデスベンツらしいです。

f:id:meltdown_int:20160913004955j:plain

ストレッチしたタクシー。
これはJR西日本も驚きの改造です。

というかこれ、フレーム切って前後くっつけていますよね。

走っているうちに分裂しそう。
こち亀で見たネタだw
車の前後で車体番号違うw

f:id:meltdown_int:20160913004958j:plain

ホアキナさんの宿到着。今日の空室は同でござんしょ?と聞いてみたら

今日も空いてないのよーオホホー。
だとのこと。
まあせっかくだから、お茶でも飲んでいきなさい!と客でもないのにコーヒーと果物をいただいてしまった。
ほとんど韓国人旅行客しかいない宿だけど、一人だけ日本人旅行客がいたので声をかける。
意気投合したので、そのままいっしょに散歩に出かける。

f:id:meltdown_int:20160913005000j:plain

中華街方面行ったことないんすーというと、そっち方面に連れて行ってもらった。

その方はキューバ2回目で、前回との比較をしながら旅行をしているようだった。

前回のとの比較はどうですか?と聞いてみたところ

やっぱり外国人増えて、みんな商魂たくましくなってきましたねー。との感想。

f:id:meltdown_int:20160913005007j:plain

そう。キューバに来た時から思っていたのだけど、、、キューバ人は、なんかお金にウルサイ。
金離れの良い人にはあまりうるさく言わないようだけれど、普通もしくは節約する人には結構うるさく言われる。
彼らも社会主義の崩壊、資本主義への転換期、お金がものをいう世界に突入して、外貨(CUC)を集めるのに必死なのだ。
CUC払いとわかるような店(嗜好品娯楽品を売る店)の店員は、目がギラギラしている。

f:id:meltdown_int:20160913005009j:plain

一方、人民ペソを使う店の多くはそんなにがめつくない。
たまに1ペソ2ペソごまかされるが、1ペソ4円なのでそんなにイラッと来ない。
例えば、人民用のフレッシュジュースは1杯5ペソ(普通の人はお釣りもらっているのでそれ以下)。

パンでも10ペソとか。

そこで1-2ペソごまかしても、そう生活に違いは出ない。

いやいや3ペソでしょ!と言って、それだけ払っても怒鳴りあいのけんかに発展しない。

f:id:meltdown_int:20160913005012j:plain

ところが1CUCは25ペソも違うので、しょっちゅうごまかされる。
煙草(コヒーバ)を買うにも3CUC、キューバリブレやモヒート1杯5CUCという具合にさらっと言われる。
やはり貧乏旅行者だもの1ペソでも安く買いたいし、そもそも余裕はない。

f:id:meltdown_int:20160913005014j:plain

CUC払いの店では、さもそういうことをするのは相応しくないような空気感がある。
3CUCと言ってるんだから、3CUC払いな!というような。
すると、だんだんそういう店に足が向かなくなり、CUCで払う店が嘘くさく感じでしまう。
自然とペソ払いで通用する店へと向かってしまうのだ。

 

f:id:meltdown_int:20160913005018j:plain

しかしペソ払いの店も結局は対人商売であるから、外国人とみると途端にこの商品はCUC払いだという。
げんなりである。
通貨が2つ通用する国ではこうしたやり取りが行われるので、お金に関して気の休まる暇がない。

f:id:meltdown_int:20160913005020j:plain

もともとカリブの国は決して物価が安いわけではないので、カクテル1杯3CUCでも納得は行くのだが、そこに住む人民と観光客とを通貨によって隔てるというのは、その国に居ながらにして、その国を見ていないような気分になるのだ。
もちろん、その仕組みが悪いというわけではない。
歩き疲れて入ったバーで飲むモヒートが、お前は3CUC、そちらは10ペソでは納得いかないのだ。
キューバを歩き、そこでの疲れを癒すのに人民であるかどうかは関係ないと思う。

f:id:meltdown_int:20160913005022j:plain

と、文句のようなことがほとんどなのだが、お金に関してウキウキするような話はめったにない。

思い出したようにバスのチケットについても質問してみた。

f:id:meltdown_int:20160913005025j:plain

すると、タクシーコレクティーボがいいのではないか?と勧められる。
このタクシーコレクティーボはいわゆる乗り合いタクシーで、都市間輸送の補完を担っており、慢性的なバスの座席不足を補っているという。

今日行ってもビアスールのチケットは買えないと思う。

そう付け足されたので、少し考えてみることにした。

価格はバスと一緒で、ハバナ→トリニダーで25CUC/人。

さらに宿とドアtoドアで運送してくれるらしい。

f:id:meltdown_int:20160913005027j:plain

カピトリオと蒸気機関車。
次回に続きます。