読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はこうして破滅する~特典旅行がやめられない~

主にユナイテッド航空(UA)マイレージプラスを主に使って、特典航空券でお得な旅行を楽しんでいます。 JGCとSFCはなんとか取ることができました。 日系FFPはあまり詳しくありませんが、たまに発券しています。 発券コスパ系の旅行者で、バックパックと高級旅行を組み合わせるスタイルを楽しみます。 FirstClassからヒッチ、5★ホテルから野宿、キャビアから半額弁当まで、バラエティに富んで発信していきます。 各種お問い合わせは meltdown.int@gmail.com までお願いします。

座間味島の阿真ビーチと古座間味ビーチを攻めてみた。

観光
広告

座間味島到着!

f:id:meltdown_int:20160619140156j:plain

↑こちらの船に乗って、座間味島到着。

ちょっと波が高かったので、酔いかけた。

船酔いしやすい方は酔い止めを持っていくと良いかもしれない。

ビーチへGO! 

座間味島には阿真(あま)ビーチと古座間味(ふるざまみ)ビーチの2つあがある。

どちらも港からバスが出ている。

阿真ビーチの場所は

こちら。南南西方向を向いているビーチです。

港から西側にあります。

古座間味ビーチの場所は

 こちら。南東方向を向いているビーチです。

港から東側にあります。

 

バスはこんな感じ

f:id:meltdown_int:20160619142551j:plain

料金は大人300円

f:id:meltdown_int:20160619142810j:plain

スケジュールは細かく変動するようなので、ご自身で確認されたほうが良いかと。


阿真(あま)ビーチへ

f:id:meltdown_int:20160619140210j:plain

今日の天気はもちろんどんより曇り空、、、。

f:id:meltdown_int:20160619143036j:plain

あまりテンションも上がらないので、歩いて行ってみることにしました。

1.5kmほどの距離で、20分前後で到着します。
ビーチの周りには飲食店などがないかもしれないと思い、集落で食料を調達していきました。
お弁当などは那覇からケータリングしてくるそうなので、渡嘉敷島から「みつしま」で来た場合は、ちょっと時間が早くて買うことができません。

f:id:meltdown_int:20160619140222j:plain

すこし雲の切れ間があるので、そこに期待したいです。

f:id:meltdown_int:20160619140233j:plain

と思ったのもつかぬま、、、ちょっと泳いだらすぐに雨が降ってきました。
滝のような雨量です、、、

この日の状況は、土砂流出して海水が茶色に変色しており、とても泳げたものではありませんでした。

ここのビーチはキャンプ場併設となっており、有料(300円)でシャワーを浴びることができます。
また、公衆トイレもあります。

食事処は、おそらく多客期のみ営業するというスタイルのお店がありました。
雨宿りしながら、ブログをポチポチ更新していると、バスが来たのでそれに乗って、フル座間味ビーチへ移動します。

 

古座間味(ふるざまみ)ビーチへGO!

f:id:meltdown_int:20160619140250j:plain

天気は相変わらずですが、、、

f:id:meltdown_int:20160619143759j:plain

2ビーチ間の距離は2.8km、歩くと40分ということらしいですが、集落から古座間味ビーチは山道なので、ここはバスに乗った方が賢明です。
いったん港に寄りますが、そのまま通しの料金で300円でOKです。

f:id:meltdown_int:20160619140306j:plain

おお!なにこのビーチ感!?たまらないね!

f:id:meltdown_int:20160619140320j:plain

座間味ブルーですよ!

f:id:meltdown_int:20160619140332j:plain

泳いでいる人も結構おります。

f:id:meltdown_int:20160619140346j:plain

ここのビーチは、ライフガードやビーチ営業がいてにぎやかです。
よくあるビーチ営業のオラオラ系ではなく、ちゃんと丁寧に挨拶して好印象でした。

2016年お勧めのビーチです。

早速シュノーケル。水温は低めで、長袖ウェット+ラッシュガードを着込んで参戦しました。
ドライスーツがあればいいなあと思うほど寒かったのですが、中はかなり綺麗!

ウミヘビ、タコ、クマノミを見ることができました。

海水はクリア、わずか数歩で深くなりシュノーケルするには最高のビーチです。

一方、小さな子供がいる場合は、注意しないと簡単に足がつかなくなるので注意が必要です。

f:id:meltdown_int:20160619140422j:plain

個人的な評価ですが、

古座間味>とかしく>阿波連>阿真の順番でよかったです。

那覇から高速船でわずか50分で来られる最高のビーチです。

f:id:meltdown_int:20160619140433j:plain

日帰り座間味シュノーケルとか、新たなアプローチでおもしろいです。

2時間ほど泳いだら、さらに天気が悪くなり、雷が鳴り始めて遊泳禁止になりました、、、ああ、とことんツイてないですね。

 

ここのビーチは食事処があり、食事系は700円から、スナック系は200円からという感じです。

カップラーメンや、お菓子類も販売しています。

が、酒類は事故防止のため販売していません。

 

遊泳禁止で思ったより時間が余ってしまったので、帰りは歩きました。

f:id:meltdown_int:20160619145522j:plain

f:id:meltdown_int:20160619145532j:plain

結構山道でしたが、そこまできつくなく。

おおむね30分ぐらいです。

f:id:meltdown_int:20160619140447j:plain

30分歩いて港まで帰ってきました。

f:id:meltdown_int:20160619140504j:plain

島唯一かなと思われる信号が遠くに見えます。

 

では帰ります

f:id:meltdown_int:20160619140516j:plain

お隣は那覇へ向かう、高速船クイーンざまみ

最終の船は17:00発です。

f:id:meltdown_int:20160619140527j:plain

 もう一度お世話になる、みつしま。

f:id:meltdown_int:20160619140553j:plain

座間味、阿嘉、渡嘉敷の3島で慶良間諸島国立公園

渡嘉敷は自治体が違うので名前が入っておらず。

渡嘉敷だけ入島するのに環境税100円を徴収されます。

もちろん今回帰るのでも、必要ですよ!

f:id:meltdown_int:20160619140607j:plain

さようなら座間味島!

f:id:meltdown_int:20160619140620j:plain

いったん阿嘉島に寄ります。

すごい橋ですね!

f:id:meltdown_int:20160619140634j:plain

阿嘉港に入港します。

f:id:meltdown_int:20160619140648j:plain

今回は立ち寄ることができませんでしたが、次回はぜひ行ってみたいです。

f:id:meltdown_int:20160619140704j:plain

役場に聞いたところ、ここはまた雰囲気が違う島なのだそうです。