読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はこうして破滅する~特典旅行がやめられない~

主にユナイテッド航空(UA)マイレージプラスを主に使って、特典航空券でお得な旅行を楽しんでいます。 JGCとSFCはなんとか取ることができました。 日系FFPはあまり詳しくありませんが、たまに発券しています。 発券コスパ系の旅行者で、バックパックと高級旅行を組み合わせるスタイルを楽しみます。 FirstClassからヒッチ、5★ホテルから野宿、キャビアから半額弁当まで、バラエティに富んで発信していきます。 各種お問い合わせは meltdown.int@gmail.com までお願いします。

中国四川省にある 小さなSL「芭石鉄路」に乗ってみた件。体験乗車動画あり 

中国 鉄道ネタ 旅のお役立ち情報
広告

麓の跃进(ゆえじん)駅に到着

f:id:meltdown_int:20160628163511j:image

島式ホームが一つあるだけの寂しい駅です。

 

f:id:meltdown_int:20160628163801j:image

一応立派な駅舎

 

駅舎の中は!?

f:id:meltdown_int:20160628163921j:image

中には小さな売店や

f:id:meltdown_int:20160628164003j:image

説明書きが掲示してあります。

しかし誰もいません。

f:id:meltdown_int:20160628164145j:image

観光化された広場には

f:id:meltdown_int:20160628164227j:image

立派なインフォメーションがあり、この中でチケットの販売を行っています。

片道約80分の行程です。

f:id:meltdown_int:20160628164415j:image

乗車券は片道80元 往復130元

こちらからの出発は10:30、13:00、15:00の3本運行です。

f:id:meltdown_int:20160628164855j:image

こちらは終点 黄村井の一個手前「芭沟」駅の時刻表です。

時刻は12:00、14:30、16:30です。

往復乗車券を購入する場合は、帰りの列車の時刻を聞かれました。

一応座席指定されました。

f:id:meltdown_int:20160628165502j:image

駅付近の町を散策してみます。

f:id:meltdown_int:20160628165606j:image

近くには市場があります。

f:id:meltdown_int:20160628165700j:image

あまり食事処は充実していませんが、簡単な麺を食べさせる店はあります。

f:id:meltdown_int:20160628165956j:image

周りにはマンションがたくさんあり、田舎町のようには見えません。

 f:id:meltdown_int:20160630204516j:image

炭鉱で栄えた町で、山の上に町を造成しているので、アップダウンが激しいです。

f:id:meltdown_int:20160630204616j:image

こんな階段年取ったら登れませんね。

f:id:meltdown_int:20160630204708j:image

ぐるりと回って工場付近

f:id:meltdown_int:20160630204744j:image

こういう街並み好きです。

 

駅に戻ってきました。

f:id:meltdown_int:20160630204838j:image

蒸気機関車がfuel supplyしています。

f:id:meltdown_int:20160630205225j:image

石炭ならいくらでも取れるので、サーチャージもかかりませんね。

f:id:meltdown_int:20160630205335j:image

入替作業中

f:id:meltdown_int:20160630205521j:image

保安装置、入替信号機もないので、簡単に入れ替え作業が終わります。

f:id:meltdown_int:20160630205718j:image

日本から考えればありえない手際の良さでした。

f:id:meltdown_int:20160630213950j:image

客車に併結

 

出発進行

f:id:meltdown_int:20160630214128j:image

 10:30 定刻に出発します。

♪〜

汽笛一声(いっせい)ゆえじんを
はや我(わが)汽車は離れたり
四川の山に入りのこる
人民旅路の友として

 f:id:meltdown_int:20160701024110j:image

峠を登り蜜蜂岩駅に到着

f:id:meltdown_int:20160701024241j:image

到着後速攻カマを外して

f:id:meltdown_int:20160701024328j:image

入れ替え線を走り抜ける

f:id:meltdown_int:20160701024439j:image

客車は1両ポツーンとホームに

f:id:meltdown_int:20160701024537j:image

すぐさま戻ってきて併結

f:id:meltdown_int:20160701024726j:image

引込み線には使ってないディーゼルのカマが。

勝手な意見だけども、なんかちょっと残念。

文化遺産になる為にSLを残しているみたいで。

f:id:meltdown_int:20160701025117j:image

しかしもっと残念な奴が。

うお何じゃこれ。こんなのSLでは引っ張ってこれんだろ。

一応ここは鉄道博物館ということになっていますが、正直いらないような、、、

観光用車両はまあ致し方にとしても、観光客に媚びたようなパフォーマンスはちょっと的外れなような気がします。

f:id:meltdown_int:20160701025342j:image

少し青空が差してきました。

f:id:meltdown_int:20160701025420j:image

撮影タイムを終えて

f:id:meltdown_int:20160701025504j:image

改めて出発です

f:id:meltdown_int:20160701025538j:image

出発進行!

長くなったのでこの辺で一回切ります。

 

乗車記録をYoutubeに動画アップしました。

 


芭石鉄道 2016年 中国に走るSLに乗ってみた件