読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はこうして破滅する~特典旅行がやめられない~

主にユナイテッド航空(UA)マイレージプラスを主に使って、特典航空券でお得な旅行を楽しんでいます。 JGCとSFCはなんとか取ることができました。 日系FFPはあまり詳しくありませんが、たまに発券しています。 発券コスパ系の旅行者で、バックパックと高級旅行を組み合わせるスタイルを楽しみます。 FirstClassからヒッチ、5★ホテルから野宿、キャビアから半額弁当まで、バラエティに富んで発信していきます。 各種お問い合わせは meltdown.int@gmail.com までお願いします。

Austrian OS52/15 成田(NRT)-ウィーン(VIE)-バンコク(BKK) B777-200ER ビジネスクラス搭乗記録 ウィーン日帰り旅行

搭乗記録 StarAlliance Business Class 特典航空券
広告

Background

f:id:meltdown_int:20161209191816j:plain

前回のスイス チューリッヒ日帰り旅行に引き続き、オーストリア ウィーンへの日帰り旅行を企画して行ってきました。

利用はもちろんオーストリア航空(OS)、現在は成田線の撤退により日本ではお目にかかる事のできない航空会社です。

バージンアトランティック航空もそうですが、少ない機材でやりくりしている会社は、市場を考え方向転換が素早く行われます。

引き換えにLOTポーランド航空が就航しましたが、これもいつまで就航しているかわかりません。

f:id:meltdown_int:20161209193001p:plain

発券はいつものように3万マイル+税金です。

日帰りなのでオーストリアの空港出発税は取られていません。

日帰りといっても実質7-8時間もなく、かなり駆け足で見て回る事になるのですが、気分転換には最適です。

現地でホテルに泊まったり、レストランに入る事はかないませんが、往復をビジネスクラスにする事で、ゆっくり寝ることができますし、食事を楽しんだりする事ができます。

 機内の様子

f:id:meltdown_int:20161209191817j:plain

この時は最低限の荷物で行ったので、機内の写真があまりありません。

小さなカバン一つで行くと、非常に気楽です。

ちょっとそこまで行くような感覚でウィーンまで行ってきました。

 

座席は新型のビジネスクラスで、JALのSS6と似たような座席です。

座席幅は広くありませんが、フルフラットになる点と人と人の感覚が離れており、あまりストレスにならない点では評価のできる座席です。

f:id:meltdown_int:20161209191818j:plain

帰りは窓側に座りました。

この席は人の気配が気になります。

窓側に座席がある場合は個室感が高くなりますが、引き換えに少々寒い思いをします。

f:id:meltdown_int:20161209191819j:plain

オーストリア航空のビジネスクラスはシーツを用意してくれます。またブランケット類などもこだわりがあり、寝る事に関しては上質な環境が整っています。

f:id:meltdown_int:20161209191820j:plain

フルフラットにして見ました。

はやり体が楽です。

f:id:meltdown_int:20161209191821j:plain

IFEも新しいものでした。

f:id:meltdown_int:20161209191822j:plain

リモコンはタッチパネル式で、手が当たってしまうと勝手に動いてしまうので注意が必要です。

f:id:meltdown_int:20161209191823j:plain

寝た時にも使いやすいライトとシートコントロール

f:id:meltdown_int:20161209191824j:plain

ウェルカムドリンクを頂きつつ出発を待ちます。

f:id:meltdown_int:20161209191825j:plain

隣にはB767型機が駐機しています。

 

コックピット見学

f:id:meltdown_int:20161209191826j:plain

バンコク到着後、中を見る事ができました。

f:id:meltdown_int:20161209191827j:plain

B777-200ER型機は乗りそうでなかなか乗らない機材です。

f:id:meltdown_int:20161209191828j:plain

今回は非常にライトな内容でした。