読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はこうして破滅する~特典旅行がやめられない~

主にユナイテッド航空(UA)マイレージプラスを主に使って、特典航空券でお得な旅行を楽しんでいます。 JGCとSFCはなんとか取ることができました。 日系FFPはあまり詳しくありませんが、たまに発券しています。 発券コスパ系の旅行者で、バックパックと高級旅行を組み合わせるスタイルを楽しみます。 FirstClassからヒッチ、5★ホテルから野宿、キャビアから半額弁当まで、バラエティに富んで発信していきます。 各種お問い合わせは meltdown.int@gmail.com までお願いします。

北海道の無料温泉めぐり 貧乏特典旅行 day3-3 屈斜路湖でDIY!手作り温泉で至上の体験を。

温泉 観光
広告

DIYスタイル温泉「砂湯」

f:id:meltdown_int:20160814002351j:plain

「砂湯」この温泉は、屈斜路湖の東側にあり、二つの売店に挟まれる形である。
パッと見た感じ、湯船はない。しかし温泉である。
ではどうやって入るのか?

そう、自ら温泉を掘り当てるのだ!

 

ここ砂湯は砂浜を少し掘ることで、温泉が噴き出している。
日本でも他には指宿温泉ぐらいしかない(別府は確か排湯熱利用だったかな)。

手で掘るととても熱い。なので、スコップなりで掘る。
今回はキャンプ道具を持っていたのでスコップはあった。
もし手元になければ、暖かいお茶の空ペットボトル(ボトル口が白)をハサミで切れば即席スコップができる。
これで人目を気にせず、ガンガン掘る。

f:id:meltdown_int:20160814005555j:plain

すると、人間一人入れるぐらいのスペースは作れます。
写真は3年前のもの。
お湯はかなり厚いので、湖の水とMIXしながら適温になるよう調整します。

f:id:meltdown_int:20160814003056j:plain

すると、ちょうどこういう感じでうたた寝するのに、いい感じになります。
車がなければビールをグビっとやりながら、のんびりしたいです。
さてこちらのスポット、通常はみなさん足湯程度の利用です。
体までどっぷりつかっている人は、まずいませんね。
なので目立ちますが、こんなの楽しんだもの勝ち。
周りの皆さんも「俺もやろうかな?」って言ってます。
さあみんなで、DIY!自分だけの温泉に浸かろう。

f:id:meltdown_int:20160814003342p:plain

結局日が沈むころまで3時間ほどいました。
明日もまた来ようと思います。

f:id:meltdown_int:20160814002355j:plain

雲が熱いですが、なかなか素敵な夕暮れ。
私が行ったときは、香港人と台湾人のお客さん(キャンプ)が多かったです。
ちょっとした外国のようでした。

 場所はこちら。無料駐車場、トイレ、売店あります。
隣には有料キャンプ場もあります。

 

秘湯池の湯

f:id:meltdown_int:20160814002428j:plain

先程の温泉がDIYスタイルなら、こちらは奇想天外の発想。

池の湯という名前の通り、、、

f:id:meltdown_int:20160814002424j:plain

池のような形をしています。
これ、混浴です。着替えるところは一応ありますが、まず誰も入りません。

本当は水着だめだと思いますが、まあここならOKでしょう。
一応手入れはされているようないないような。
アメンボが水面に浮いています。
野湯に慣れていない人にとっては罰ゲームのような温泉ですが、ここがまたたまらない。

f:id:meltdown_int:20160814010647j:plain

お昼に撮った写真がこちら。
湯気も沸いてないし、ただの池だと思うでしょう?

入らなくても、せめて手だけで突っ込んでみてください。
なかなかいいお湯ですよ。

f:id:meltdown_int:20160814010820j:plain

ちなみこういう藪を抜けて、こちらの温泉に向かいます。
まるでトトロの映画のような雰囲気です。

先ほどの砂湯から少し南に行きます。

 

初心者でもOK!コタン温泉

f:id:meltdown_int:20160814002431j:plain

屈斜路湖周りの温泉は、ほとんどが野湯スタイルですが、唯一?ちゃんと仕切り、更衣室、浴槽がありで落ち着いて入れるお風呂が、こちらのコタン共同浴場です。
設備の利用は200円と有料ですが、夜遅くまで開いており、近隣でキャンプしている人たちも利用しています。
私の目当てはこちらではなく、、無料で入れるコタン温泉です。

f:id:meltdown_int:20160814002435j:plain

露天風呂と書かれた方向に進みます。

f:id:meltdown_int:20160814002440j:plain

レイクフロントのインフィニティスパです。

f:id:meltdown_int:20160814002445j:plain

 これが無料とは信じられません。
ちなみこちら、男女別のセパレートですが、中央の大きな岩の反対側が女性というだけで、実際混浴のようなものです。
一応注意書きには「水着だめ」と書いてあるので、女性には苦しい温泉ですが、あまり現地の方もいらっしゃないので、ほかの方に迷惑にならないように入ればよさそうです。

↑場所はこちら。三つのうち一番南にあります。

この後は、ホテルに帰りました。

f:id:meltdown_int:20160814015919j:plain

本日の走行距離は172kmでした。