読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はこうして破滅する~特典旅行がやめられない~

主にユナイテッド航空(UA)マイレージプラスを主に使って、特典航空券でお得な旅行を楽しんでいます。 JGCとSFCはなんとか取ることができました。 日系FFPはあまり詳しくありませんが、たまに発券しています。 発券コスパ系の旅行者で、バックパックと高級旅行を組み合わせるスタイルを楽しみます。 FirstClassからヒッチ、5★ホテルから野宿、キャビアから半額弁当まで、バラエティに富んで発信していきます。 各種お問い合わせは meltdown.int@gmail.com までお願いします。

北海道の無料温泉めぐり 貧乏特典旅行 day3-2 誰にも教えたくない!?オンネトーの秘境にある雌阿寒温泉!

観光 温泉
広告

誰もいない秘密の癒しスポットがここにッ!?

f:id:meltdown_int:20160813191816j:plain

こちら、オンネトーのキャンプ場近く

非常にすがすがしい景色が広がっていました。
キャンプするならここだなーと思いましたが、あいにく今晩の宿代は払ってしまっているので、次回に期待したいです。

↑場所はこちら。

 

f:id:meltdown_int:20160813191722j:plain

でーんと広がる雄大な景色。夏休みだというのに周りに人は全くいません!
素晴らしいですよ。ここ。

f:id:meltdown_int:20160813191729j:plain

ちょっと気に入ったので、しばらくぼぉっとしていました。

f:id:meltdown_int:20160813191733j:plain

 場所を変えるとこんな北海道らしい倒木と一緒に写真が取れたり

f:id:meltdown_int:20160813191832j:plain

 プチ湿原があったりします。

湖の周りを散策できる小道があり、ハイキングの気分に浸れます。
この周りにはオンネトー湯の滝なるものがあり、これは入るしかないと思ってしまいました。
滝までは、残り徒歩15分ぐらいのところまで車で行けます。

 

秘境にある誰にも教えたくない温泉!

f:id:meltdown_int:20160813191701j:plain

こちらの野中温泉は、硫黄の匂いが浴槽に立ち込める野趣満載ながら、手入れの行き届いている素晴らしい温泉です。
350円/大人で楽しめます。

 

↑場所はこちら。

f:id:meltdown_int:20160813191855j:plain

↑受付で料金を支払い、長い廊下を突き進みます。

f:id:meltdown_int:20160813191859j:plain

更衣室はこぎれいにまとまっています。ロッカーはないので、貴重品は車の中の見えないところに。

この更衣室にも若干硫黄の匂いが流れてきています。

f:id:meltdown_int:20160813233125j:plain

いざ浴室へ。卒倒しそうなほど硫黄の匂いがします。いいですね。

うち湯でさっと体を流して

f:id:meltdown_int:20160813191908j:plain

露天風呂へ行きます。
奥のすだれで覆っているのが女性用です。
はっきり言って結構透けてます。
そして、雌阿寒岳をハイキングした方やぴちぴちギャルが、ここに立ち寄ります。
ということはワンチャンあるかも?

 

こちら本館

f:id:meltdown_int:20160813191657j:plain

先ほどのは別館で、こちらが本館になります。
すぐ隣に経っています。

料金は別会計で、200円/大人です。

f:id:meltdown_int:20160813233202j:plain

こちらはお安い分内湯のみ。

女性はこちらのほうが安心かな?と思いましたが、でかいガラス窓(後ろは公共スペースです)で、おそらく女性用も同じつくりになっているので、あまり意味はないかもしれません。

f:id:meltdown_int:20160813233251j:plain

お湯の質は本館別館で変わらず、ややとろみのあるお湯でした。
色は若干青色。飲泉には適さないですが、少し口に含むと硫黄の独特の味がしました。

 こちらでも1時間ほどゆっくりしていました。