読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はこうして破滅する~特典旅行がやめられない~

主にユナイテッド航空(UA)マイレージプラスを主に使って、特典航空券でお得な旅行を楽しんでいます。 JGCとSFCはなんとか取ることができました。 日系FFPはあまり詳しくありませんが、たまに発券しています。 発券コスパ系の旅行者で、バックパックと高級旅行を組み合わせるスタイルを楽しみます。 FirstClassからヒッチ、5★ホテルから野宿、キャビアから半額弁当まで、バラエティに富んで発信していきます。 各種お問い合わせは meltdown.int@gmail.com までお願いします。

中国四川省の芭石鉄道に乗るにはどうしたらよい!?2016年アクセス方法まとめ

飛行機以外の話 中国 鉄道ネタ 観光 旅のお役立ち情報
広告

前回のお話

f:id:meltdown_int:20160627175152j:image

世界で唯一のナローゲージの定期旅客列車として運行されているSL列車、芭石鉄道を紹介しました。

今回はその乗り方(私が実践した方法)を紹介したいと思います。

 

行き方(楽山まで)

f:id:meltdown_int:20160627175445j:image

東京成田空港から四川航空で成都に入り、その晩は成都空港商務酒店(335元)に泊まりました。

 f:id:meltdown_int:20160627203537j:image

翌日は成都双流国際空港駅から、高速鉄道(46元/二等)で楽山に向かい、その日は楽山観光をしました。

f:id:meltdown_int:20160627203552j:image

宿泊はIbis Leshan Centre(イビス楽山中心)にしました。

f:id:meltdown_int:20160627200537p:image

税込3千円/室(189元)で快適、サービスも良好、英語OKでした。ただカードはNGだったので、要注意です。隣に交通銀行があり、ATMでの引き出しが可能ですので、手持ちが少なくても問題ないでしょう。押金(デポジット)は不要でした。

f:id:meltdown_int:20160627203644j:image

中国ibisはAccorのベネフィットを全く使うことができませんので、Accor本体で予約してもあまり意味はありません。

f:id:meltdown_int:20160627203607j:image

代理店で予約して、一応チェックイン時にカードを提示したところ、本格コーヒーのサービスがありました。

 

 ここはバス停がほぼ目の前にあり、1路(系統)のバスであれば止まります。

観光に便利なのは3路や13路なので、乗り換えは必要ですがそう不便に思いませんでした。

 楽山からSL乗り場まで

ここから詳しく書いていきます。

 最初に健为(けんいー)という場所を目指します。

楽山からバス(17元)で行くことができます。

始発バスは6:30で以降30分毎18:00頃までという事です。

f:id:meltdown_int:20160627204243p:image

翌々日、朝5時に起きてホテルを5時半ごろ出ます。

楽山の北側にある「乐山联运汽车站」(楽山総合バスターミナル)に向かいます。

f:id:meltdown_int:20160627203804j:image

今回は朝早かったのでバスが運行しておらずタクシーに乗りました。

バスは1路がここを通ります。

f:id:meltdown_int:20160627195454p:image

楽山のタクシーの初乗りは1.6km 5元 以降1kmごとに1元です。今回は6元でした。

 今回は流しを捕まえましたが、ホテルで読んだ方がベターかもしれません。

目の前の通りは6時前の時間帯ではほぼ車は走っていませんでした。

 f:id:meltdown_int:20160627203841j:image

車に乗り込むと10分かからず、乐山联运汽车站(バスターミナル)に到着します。

f:id:meltdown_int:20160627203951j:image

 6:00頃に着きましたが、ターミナルは開いていました。

f:id:meltdown_int:20160627204350j:image

健为行きのバスがある事を確認します。

6:20頃にチケット売り場が開き 、始発バス6:30のチケットを購入します。

f:id:meltdown_int:20160627204722j:image

17元でした。

f:id:meltdown_int:20160627205708j:image

改札のおばちゃんに「小火車に乗る」と話をすると、上のようなメモをもらい、運転手に提示するようにアドバイスされました。

f:id:meltdown_int:20160627210821j:image

しばらくすると

f:id:meltdown_int:20160627205136j:image

バスがやってきます。

f:id:meltdown_int:20160627210917j:image

ほどほどの乗車率です。

f:id:meltdown_int:20160627205354p:image

このバスは下道経由で様々な場所で客を拾います。なので終点まで2時間程度かかります。

朝も早かったので寝たかったのですが、このバスは汽笛を鳴らしながら走るので、全く寝れませんでした。

 f:id:meltdown_int:20160627210948j:image

橋を渡るともうすぐ健为に到着です。

8:20頃に着きました。

車掌のおばちゃんに、

「橋を渡ってすぐのバス停で降ろすから、そこで反対車線に渡って、三井(サンジン)行きのバスに乗りなさい」とアドバイスをもらいます。

f:id:meltdown_int:20160627211147p:image

おおよそこの辺りで降ろされました。

f:id:meltdown_int:20160627211545p:image

もう少しズームするとこの辺りです。

f:id:meltdown_int:20160627211233j:image

バスは出発していきました。

帰りの事もあったので、本当はバス停で降りたかったのですが、この地点で成都行きのバスを拾う(合図を出して)事もできたので、街に用事がなければこの地点で降りても問題ないと思います。

乗り換えます!

 f:id:meltdown_int:20160627211624j:image

反対車線にわたり、しばらくすると、三井行きのバスがやってきました。

結構な本数出ているので、かなり待つという事はないと思います。

運賃は4元でした。終点まで乗ります。

f:id:meltdown_int:20160627212548p:image

のどかの景色の中をドコドコいきます。

f:id:meltdown_int:20160627212852j:image

概ね40分前後で到着しました。

f:id:meltdown_int:20160627212758j:image

 ここから歩いて数分のところに駅があります。

到着は9:15頃でした。おおよそ3時間半以上かかっています。

駅に到着!

楽山から10:30の初便に乗ろうと思うと、やはり始発の6:30発のバスに乗りたいところです。

f:id:meltdown_int:20160627212930j:image

この旅客中心で乗車券を購入します。

発売は10:00からでした。

この日は10:30、13:00、15:00出発の3本の観光列車の運行があるようです。

この時刻は人民用の列車ではありません。

この日は並ばずとも買えましたが、今後人気の具合によっては売り切れもあり得るかもしれません。

最大4-5両編成で、売れ行きによって客車を増結します。

運賃は昨日書いた通り、片道80元、往復130元です。

f:id:meltdown_int:20160627213048j:image

このような広場を抜けて駅に向かいます。

このモニュメントが見えた時は、観光地化されていて若干がっかりしました。

f:id:meltdown_int:20160627213727j:image

駅舎はこちらです。

f:id:meltdown_int:20160627213822j:image

こういうホテルもある様なので、もし外国人が泊まることができれば我々日本人の鉄道ファンには便利ですね。

この後周辺をぷらぷらして、牛肉麺(5元)の朝ごはんを食べ時間を潰し、時刻になったので乗り込みます。

f:id:meltdown_int:20160627214518j:image

乗客にもこういったお楽しみタイムがあるのが、この鉄道のいいところです。

もちろんお立ち台も整備されています。

乗車記録は改めて記事にします。

帰路

f:id:meltdown_int:20160627214739j:image

15:10頃に再び駅に戻ってきて、そこから帰る事にしました。

f:id:meltdown_int:20160627212758j:image

バス停に行き乗り込みます。

 そして、朝乗り換えたところで降り、

f:id:meltdown_int:20160627211147p:image

反対車線に渡って

f:id:meltdown_int:20160627211233j:image

成都行きのバスを捕まえました。

たまたま行きと同じ運転手でした。

帰りは若干早かったので18:00前に楽山のバス停に戻ってくることができました。

f:id:meltdown_int:20160627215305j:image

そこから駅に向かい、18:50頃の成都行きに乗ろうとしましたが、あいにく売り切れ。

次の20:20で帰る事にしました。

f:id:meltdown_int:20160627203537j:image

最終の成都行きは21:20頃です。

 およそ1時間で成都南駅まで帰ってきました。

f:id:meltdown_int:20160627215634j:image

次回はこの鉄道の乗車記を掘り下げて書いていきたいと思います。