読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はこうして破滅する~特典旅行がやめられない~

主にユナイテッド航空(UA)マイレージプラスを主に使って、特典航空券でお得な旅行を楽しんでいます。 JGCとSFCはなんとか取ることができました。 日系FFPはあまり詳しくありませんが、たまに発券しています。 発券コスパ系の旅行者で、バックパックと高級旅行を組み合わせるスタイルを楽しみます。 FirstClassからヒッチ、5★ホテルから野宿、キャビアから半額弁当まで、バラエティに富んで発信していきます。 各種お問い合わせは meltdown.int@gmail.com までお願いします。

シベリア国際特急に乗ってきた2日目 北京発モスクワ行 3列車乗車記録 ザミン=ウデ/スフ=バートル

鉄道ネタ
広告

2日目

f:id:meltdown_int:20161217124052j:plain

深夜中国よりモンゴルへ入国。今日一日はモンゴル国内を走ります。

メインとなる駅はウランバートル駅。

 

 

雪景色の中を走ります

f:id:meltdown_int:20161217124053j:plain

あとから見返すと全く面白みがないのですが、雪景色の中を走ります。

f:id:meltdown_int:20161217124054j:plain

牛がいますね。

f:id:meltdown_int:20161217124055j:plain

これは、、、公園?

f:id:meltdown_int:20161217124056j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124057j:plain

寒々しい景色の中を進みます。

f:id:meltdown_int:20161217124058j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124059j:plain

編成が長いので、先頭の機関車が見えます。

f:id:meltdown_int:20161217124100j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124101j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124102j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124103j:plain

これぞシベリア鉄道という雰囲気。

f:id:meltdown_int:20161217124104j:plain

線路が大きくカーブしています。

f:id:meltdown_int:20161217124107j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124108j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124110j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124111j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124112j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124113j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124114j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124115j:plain

個室の様子。

トイレットペーパーを1巻失敬して、鼻紙に。

f:id:meltdown_int:20161217124116j:plain

この車両はドイツ人のバックパッカーさんと私の2名しか乗っていなかったので、間の個室を談話室にしていました。

f:id:meltdown_int:20161217124118j:plain

川も凍ってしまっています。

f:id:meltdown_int:20161217124119j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124120j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124121j:plain

ウランバートル到着

f:id:meltdown_int:20161217124122j:plain

やっと一つの目標の駅まで到着です。

f:id:meltdown_int:20161217124123j:plain

ここで、タイ人のバックパッカーさんに出会いました。
なかなかすごい人たちで、医師であり、プロカメラマンであり、冒険家という事です。
なかなかタイらしいバックグラウンドです。

f:id:meltdown_int:20161217124124j:plain

これから数日滞在して、再び3列車でモスクワを目指すようです。

f:id:meltdown_int:20161217124125j:plain

しばらく止まるので

f:id:meltdown_int:20161217124126j:plain

駅の外に様子を見に行きました。

f:id:meltdown_int:20161217124127j:plain

駅前の様子が、北海道の釧路駅とかとよく似てます。

f:id:meltdown_int:20161217124128j:plain

駅舎は立派です。

f:id:meltdown_int:20161217124129j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124130j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124131j:plain

機関車の付け替えをしていました。

f:id:meltdown_int:20161217124132j:plain

重量感のある機関車です。

f:id:meltdown_int:20161217124133j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124134j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124135j:plain

そろそろ出発の時間です。

f:id:meltdown_int:20161217124136j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124137j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124138j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124139j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124140j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124141j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124142j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124143j:plain

車内ではキッチンがありました。

私たちは使えない(と思います)です。
車掌さんが毎食ここで、なにか作っていました。

時には粥、時には水餃子とてもおいしそうでした。
この列車は中国国鉄の車掌さんが終点モスクワまでの乗りとおします。

f:id:meltdown_int:20161217124144j:plain

一番後ろの車両から。

f:id:meltdown_int:20161217124145j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124146j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124148j:plain

モンゴルから連結した車両はこんな感じで、少し雰囲気が異なります。

f:id:meltdown_int:20161217124149j:plain

モンゴルらしい内装。

f:id:meltdown_int:20161217124150j:plain

食堂車も雰囲気があります。

f:id:meltdown_int:20161217124153j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124154j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124155j:plain

何よりも違うのは、個室が2名用の高包(高級軟臥)がついていることです。

f:id:meltdown_int:20161217124156j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124157j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124158j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124159j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124200j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124202j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124204j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124205j:plain

シベリアの大地に日が沈んでいきます。

f:id:meltdown_int:20161217124206j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124207j:plain

f:id:meltdown_int:20161217124208j:plain

夕食はモンゴルの肉にしました。
それにしても量が少ない、、、