読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はこうして破滅する~特典旅行がやめられない~

主にユナイテッド航空(UA)マイレージプラスを主に使って、特典航空券でお得な旅行を楽しんでいます。 JGCとSFCはなんとか取ることができました。 日系FFPはあまり詳しくありませんが、たまに発券しています。 発券コスパ系の旅行者で、バックパックと高級旅行を組み合わせるスタイルを楽しみます。 FirstClassからヒッチ、5★ホテルから野宿、キャビアから半額弁当まで、バラエティに富んで発信していきます。 各種お問い合わせは meltdown.int@gmail.com までお願いします。

シベリア国際特急に乗ってきた1日目 北京発モスクワ行 3列車乗車記録 北京/二連浩特

広告

シベリア鉄道に乗ってきました。

f:id:meltdown_int:20161215022148j:plain

かねてから乗ってみたかったシベリア特急に乗車してきました。
正確にはシベリア特急というとロシア国内のみを走る物をさすので、さしずめこれは国際長距離列車という事になるでしょうか。中国内は快速(種別Kかな)なので、特急ですらありませんが。
ここではわかりやすく、シベリア国際特急にしてあります。
北京とモスクワを結ぶ列車は2経路あり、ひとつはモンゴル ウランバートル経由のK3/4列車、もう一方は中国 満州里経由のK19/20列車 「ボストーク」号です。
今回は前者に乗っています。

チケットはこちら

f:id:meltdown_int:20161215022151j:plain

当時は日本から手配すると、ちょっと高かったので、別件でEU旅行に行った際、Tui系列の旅行代理店FlightCenterで予約の代行をお願いしました。

実際の手配は中国大手のCITSに発注がかかり、北京でチケットを受け取りにいかないといけません。

f:id:meltdown_int:20161215022152j:plain

チケットはロシア語と中国語の併記です。

価格は3999元(2等)です。

f:id:meltdown_int:20161215022153j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022154j:plain

1日目

f:id:meltdown_int:20161215022149j:plain

早朝の北京駅。ゲストハウスより、タクシーで乗りつけました。
地下鉄で行こうと思っていたのですが、雨降っていて寒かったのでケチりませんでした。

f:id:meltdown_int:20161215022150j:plain

駅の中に入ります!

中国では駅舎内に入るためには、乗車券を提示し、X線検査を受けなければいけません。
事前に切符を持っていなければ入ることすらできません。

f:id:meltdown_int:20161215022155j:plain

緑色に黄色のアクセントが入った、車両が目に入ります。

f:id:meltdown_int:20161215022156j:plain

これからモスクワに旅立つと思うと、ワクワクします。

f:id:meltdown_int:20161215022157j:plain

サイドボードも記念撮影します。

f:id:meltdown_int:20161215022158j:plain

国際列車である国章が輝いています。

f:id:meltdown_int:20161215022159j:plain

一番後ろはこちら。15号車になっています。

f:id:meltdown_int:20161215022201j:plain

ついでに撮り鉄をしてきました。

f:id:meltdown_int:20161215022203j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022205j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022206j:plain

駅には直接車で乗り付けることもできます。
この辺のおおざっぱさは中国ならではでしょう。

 

車内の様子

f:id:meltdown_int:20161215022207j:plain

年中満席の中国国鉄も、この列車に限ってはガラガラです。
中国国内のみの利用はできず、ロシア、モンゴルへの運び屋の目的以外では利用されません。
また現在では航空運賃もそこそこ安いので、全区間の利用者は本当に珍しいと思います。

f:id:meltdown_int:20161215022208j:plain

この車両も2等といいつつ、個室2段式寝台で国内での運用は軟臥となり1等寝台です。

冬場のオフシーズンは1名で1部屋独占できるので楽ですね。

f:id:meltdown_int:20161215022209j:plain

ベッドは枕木方向に並んでいます。

f:id:meltdown_int:20161215022210j:plain

通路はこのような感じ。通路側に向けての窓はありません。

f:id:meltdown_int:20161215022211j:plain

一応窓は少し開きます。

 

f:id:meltdown_int:20161215022212j:plain

出発を祝いウィスキーを飲みます。

響17年なんて飲んでいたようです。

f:id:meltdown_int:20161215022213j:plain

景色はうすぼんやりしています。

f:id:meltdown_int:20161215022214j:plain

季節は冬。寒々しいですが、車内は暑いぐらい。

f:id:meltdown_int:20161215022215j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022216j:plain

車内に掲載されている時刻表。気が遠くなるほどの距離です。

f:id:meltdown_int:20161215022217j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022218j:plain

1日目の昼食だけは含まれています。エッグトマト、ごはん、やる気のない野菜炒め。

f:id:meltdown_int:20161215022219j:plain

途中駅ですれ違い。

f:id:meltdown_int:20161215022220j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022221j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022222j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022223j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022224j:plain

ここいらは温かいのか、雪がありませんでした。

f:id:meltdown_int:20161215022225j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022226j:plain

大量の石炭。

f:id:meltdown_int:20161215022228j:plain

大関?大開?駅です。

f:id:meltdown_int:20161215022229j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022230j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022231j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022232j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022233j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022234j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022235j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022236j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022237j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022238j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022239j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022240j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022241j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022242j:plain

485系特急電車を思わせる機関車。

f:id:meltdown_int:20161215022243j:plain

そして小さな区間車両。

f:id:meltdown_int:20161215022244j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022245j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022246j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022247j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022248j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022249j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022250j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022251j:plain

そして、中国国内最後の駅、二連浩特駅に到着しました。

ここで台車の交換を行います。

f:id:meltdown_int:20161215022252j:plain

車両番号はRW551976 やはり1等車ですね。

f:id:meltdown_int:20161215022253j:plain

f:id:meltdown_int:20161215022254j:plain

この台車をモンゴル、ロシアのものに取り換えるのです。

f:id:meltdown_int:20161215022255j:plain

外はとても寒いので、ストーブで温まりながら待ちます。

f:id:meltdown_int:20161215022256j:plain

台車の交換が済み、再度出発。

翌朝はモンゴル国内です。