僕はこうして破滅する~特典旅行がやめられない~

主にユナイテッド航空(UA)マイレージプラスを主に使って、特典航空券でお得な旅行を楽しんでいます。 JGCとSFCはなんとか取ることができました。 日系FFPはあまり詳しくありませんが、たまに発券しています。 発券コスパ系の旅行者で、バックパックと高級旅行を組み合わせるスタイルを楽しみます。 FirstClassからヒッチ、5★ホテルから野宿、キャビアから半額弁当まで、バラエティに富んで発信していきます。 各種お問い合わせは meltdown.int@gmail.com までお願いします。

ユナイテッド航空マイレージプラスのエクスカーショニスト・パークに使うとこんなに面白い!

広告

ユナイテッド航空マイレージプラス

f:id:meltdown_int:20161203212000p:plain

前回のネタはこちら↓

内容は日本国内線の片道5,000マイルを使って石垣島とかに遊びに行けるよいうネタ。

中標津→羽田→石垣→名古屋で発券。

そして行ってきた。日帰りだけども、竹富島に上陸して楽しかった。が、しかし

改悪の到来!上記のようなルートはコツをつかまないと出てこない上、思うようには取れなくなった。
がっかりチーンと思っていた。

が、読者の方からタレコミメール。

www.traicy.com

こちらです。

 エクスカーショニスト・パーク(周遊旅程)という新しいストップオーバー形態です。

新ルールでは原則ストップオーバーは不可ですが、例外をもって使えるようになっています。

f:id:meltdown_int:20161204134519p:plain

シンプルな例ではこちら。

シカゴ→ロンドン ロンドン→パリ パリ→シカゴと旅行する場合、旧ルールだとパリがストップオーバー地点となる。

なのでチケット上は、シカゴ(北米)とロンドン(欧州)の往復航空券で、パリでストップオーバーをしていることになっている。

新ルールでは

シカゴ(北米)→ロンドン(欧州)の往路航空券、パリ(欧州)→シカゴ(北米)の復路航空券で構成される往復航空券に、周遊特典としてロンドン(欧州)→パリ(欧州)の単一エリア内の航空券が無償でついてくる。

 

この辺がキモも、東京(日本)→バンコク(東南アジア) バンコク(東南アジア)→北京(北アジア) 北京(北アジア)→東京(日本)で発券する場合、間に挟まれた航空券は単一エリアでないため、各ポーションごとに切れるものだと思い込んでいた。

 

が、どうやらこの制度、もっと深みがあるらしい。

 

まずはこちらをご覧ください。

f:id:meltdown_int:20161204135528p:plain

日本国内線往復特典航空券(1万マイル)に挟まれる、香港→バンコクの航空券。

な、なにぃ~。

まるでお得なチケットが挟まれたハンバーガーのようじゃないか!

これぞまさしく、TGバーガー!

 

いや、勝手に名前を付けたら、Xちゃんで調子乗ってるとか叩かれるので自粛しておく。

 

続いてこちら

f:id:meltdown_int:20161204135803p:plain

北米バーガー。北米とカナダとまたいでいますが、問題なかったです。

 

さらに

f:id:meltdown_int:20161204135857p:plain

バリバーガー TG3発も乗れちゃいます!

f:id:meltdown_int:20161204140039p:plain

南米バーガー。南米の単一エリアのエコノミー特典はたしか、片道1万マイルだったような気がするので、こちらはあまりお得感がないかも。

f:id:meltdown_int:20161204140155p:plain

ヨーロピアンバーガー。こちらもLCCが発展しているしあまり魅力はないかも。

ただしスターアライアンスがすごく発展しているエリアなので、LCCが使えないところとかには、良いかもしれませんね。

f:id:meltdown_int:20161204140331p:plain

中東バーガー。これこそフライドバイとかLCCが発展しているのでいらないんじゃないか?と思いますが一応。

たしか単一エリア内の特典ではなかなか高く2万超えだったか?

そのエリア内にあるスターアライアンス航空会社はエジ航のみです。

ただ、コーサカス3国が中東認定受けているので、個人的に興味アリ。

f:id:meltdown_int:20161204140608p:plain

中華バーガー。イメージではウルムチ発ウランバートル行という、スパイシーなルートを紹介していますが、おそらく韓国発 中国奥地行もOKなハズ。
これは結構使えると思います。
ああ~久しぶりに新疆地域に行って、ラグマン食べたいなあ。

f:id:meltdown_int:20161204142528p:plain

南アフリカバーガー こちらは対象エリアが広く、魅力的な島々も多いので活用できると思います。

 

このような遊びをするのにキーワードとなってくるのは「ハブ」の存在。

f:id:meltdown_int:20161204145205p:plain

f:id:meltdown_int:20161204145209p:plain

スターアライアンスのハブを持っている国を赤くマークしてみました。

ハワイに関してはおそらく、UAの国内線は運行していないんじゃないか?と思い囲っていません。

 

応用編

さていままでのエクスカーショニスト・パーク(打ちにくい、、、)はエコノミー専門でした。
というのも、日本国内線はエコノミークラスしか取れないため、どうしてもおまけ部分もエコノミークラスになってしまいます。

そこで、国際線部分もビジネスクラス以上に乗れないか、ちょっとチャレンジしてみました。

 

f:id:meltdown_int:20161204150233p:plain

こちら、

①関空→羽田→バンコク 

②バンコク→香港

③伊丹→羽田

で航空券を作ってみたところ、ファーストクラス利用で65,000マイルで取ることができました。

f:id:meltdown_int:20161204150232p:plain

この通り、ファーストクラスになっています。

 

続いてビジネスクラスを作ってみます。

 

f:id:meltdown_int:20161204151558p:plain

今度は一工夫して、

①関空→深セン

②デンパサール→香港

③伊丹→羽田

にしてみました。①の到着エリアは北アジア、②は東南アジアで収まっているフライトですが、エクスカーショニスト・パークはもちろん機能しています。トータルで35,000マイルです。
もっとも、往路を深セン止めでなくデンパサールまで伸ばしても、45,000マイルなので、さほど意味がありません。

f:id:meltdown_int:20161204152143p:plain

こちらで、香港→大阪を別途手配することができれば、45,000マイルでデンパサールを往復できることになります。

 

なかなかお得といえそうです。
こちらの記事は書こうかどうか迷いましたが、ユナイテッドとしてはバグではなく仕様という事なのでいいかなと。