僕はこうして破滅する~特典旅行がやめられない~

主にユナイテッド航空(UA)マイレージプラスを主に使って、特典航空券でお得な旅行を楽しんでいます。 JGCとSFCはなんとか取ることができました。 日系FFPはあまり詳しくありませんが、たまに発券しています。 発券コスパ系の旅行者で、バックパックと高級旅行を組み合わせるスタイルを楽しみます。 FirstClassからヒッチ、5★ホテルから野宿、キャビアから半額弁当まで、バラエティに富んで発信していきます。 各種お問い合わせは meltdown.int@gmail.com までお願いします。

リゾートやまどりとSMサウナみなかみ号に乗ってきた。

ふとどこかに行きたくなって

f:id:meltdown_int:20180703185746j:image

次のおやすみ日曜日だし、なーんかどこかに行きたいわねえ。と思って時刻表をパラパラしてた、ちょうどよさげな列車がいくつか走ってたわ。

一つはリゾートやまどり

f:id:meltdown_int:20180703185944j:image

大宮から長野原草津口まで走ってるヤツで、途中チョコチョコストップオーバーするの。

中之条では1:40と結構長い時間あるわ。

車内は快適で、大型のリクライニングシート1-2の配列で、1両に20人ぐらいしか乗らないわ。

フリースペースもなるので、酒盛りができる、、、ってのはダメみたいで、飲食禁止なのよね。

 

f:id:meltdown_int:20180703192316j:image

そしてSLレトロみなかみ号。これは蒸気機関車が牽引する列車ね。

旧型の客車で、ブルートレインとかそんなんよりも前。最近JR西日本さんが新型旧型風客車なるものを作ったけど、あんなんとは違って、これはマジモンの骨董品。

シーズン考えて乗らないとクーラーなんかついてないわよ。

 

そして最後に快速山開き号。

これは踊り子とかで使われてる電車で運行してて、もうすぐなくなるし、水上から上野までさっさと帰りたかったからちょうどいいと思い予約。ちょっとかつての特急水上風よね。

ターゲット客はこの日に谷川岳の山開きが行われて、そのお客さんが下山後に乗ると言うもの。結構満席でもしかしたら車内が結構Spicyな感じかも、、、

そしたら予感的中で結果としては水上で見送って結局乗らなかった。

続きを読む

スヴァールバル、フェロー諸島ってどこだ?さあ僻地に行きましょう。

ここはどこ???

f:id:meltdown_int:20180612010037p:plain

最近、ANAの提携会社特典の発券を勉強しているんだけど、その中でエリアの勉強してたらこんな国見つけたわ。

スヴァールバル

フェロー諸島

これってどこよ???

僻地マニアなアタシとしては、特典で切り込めるならぜひ行ってみたい。
っていうか、普通にコマーシャルチケットで行ったらべらぼうに高いから、こんなところ特典でしか行けないわ。普通。

 

で、どこにあるのか?というと

続きを読む

要注意!シンガポールで強制送還!悲劇の始まり。

シンガポール入国できず!

初物のB787-10に乗れてウキウキしながら入国に進んだわけ。

今回は往復ビジネスだし、ちゃんとした「バカ」じゃないホテル予約したし、楽しみねえなんてスキップしながら行ったわよ。

 

T2のイミグレはとぉっても混んでいて、左側が空いてたからそこに並んだわ。

それが悲劇の始まりだったわね。

列がそこそこ順調に進んで、その間にiPhoneを使いにくいエアポートWifiにつないでJBまでのバス(TS1)の時間を調べてた。

毎時15分に出ていて、今なら40分ぐらいあるから、通過したらセブンでタバコ買おうと思ってたのよ。

 

で、アタシの番が来た!

すっとパスポート出して、指紋読み取り機に指並べて待ってる。

スキャンも終わり、さ、入国すっぞと向きを変えて待ってると

 

「おい、前回の入国で何か言われなかったか?」

 

は?特に、、、、

モルジブ帰りでビクシー行くためだけに入国したんだけど、、、

ブラジャー2個で99ドルって言われたのに66x2でレジ打たれたぐらいしか、、、

 

「ちょっとついてこい」

 

続きを読む

おバカなホテルに泊まって社会人として人生狂わされたお話。

泊まってはいけないホテル

 

BKS姐様の記事に触発されてあたしも書く!

結構前ですが、ギョームシュッチョーで泊まったホテルと大ゲンカしました。

当時はブログにも書けないし(訴えるつもりだったし)、非常にムカムカした時間を過ごしてたわけですが、こんなバカなホテルにはあまり関わりを持たないのが吉!と思い、放置プレイ。

だったらもう書いちゃえと思い、ジロジロと書いていこうと思います。

 

続きを読む